« セカンドライフん中でやってりゃよかった | トップページ | さっそく有言実行だね。 »

2018年4月23日 (月)

スキャンダルの対処法

芸能人はプライベートも写真週刊誌に追われ、恋愛すればそれが記事にされる。辛い職業だなと思うけど、それを分かってなってるのだから仕方ないと言えば仕方ない。
こういったスキャンダルが出て、処分を受けて一線から消える人もいれば、何事もなく活動を続けていく人、また、スキャンダルを機にステップアップする人と様です。
この差って何?と思いますよね?
色と可能性考えたけど、しっくりくる理由は一つかなと思います。
それは、周りからどう思われているか。
スキャンダルが出た後の本人の対応の仕方も当然あるけど、それは本質ではない。
大事なのは周りから必要とされている人かどうか、また、周りから一緒に仕事したいと思われる人かどうか。
つまり、常日頃の態度や振る舞いが実は一番大事なんだと思います。
以前、沢尻エリカが舞台挨拶でかなり不貞腐れた態度でその場を壊したという件がありました。
一瞬沢尻エリカはメディアから姿を消したものの、カムバックしてドラマに映画と活躍しています。
これは、一緒に仕事した人から見放されなかったからでしょう。
井筒部屋も騒動のあったときに、自分が映画作って主役に抜擢して復活させたい。
ということを言ってました。
AKB(現HKT)の指原莉乃もスキャンダルからステップアップした1人。
これは、完全にスキャンダルをネタに変えて成功した例だが、今の活躍を見る限り、プロデュース力に長けてることから、当時もそういった側面での活躍があったのだろう。
文春砲でスクープされた乃木坂の能條さんは直撃されたときの態度がかなり悪く、表の顔と裏の顔の違いを見せられた感じがして印象は最悪。
これからどういった展開になるかで能條さんが周りからどう思われている人なのかも見えてくるかもしれません。
見守りたいと思います。

« セカンドライフん中でやってりゃよかった | トップページ | さっそく有言実行だね。 »